fbpx

サングラスで紫外線対策を

未分類

紫外線対策として誰でもパッと思いつくのが日焼け止めクリームだと思います。

ですが、当然ですが目に日焼け止めクリームを塗ることはできませんよね。だからといって紫外線から目を守るための対策を取らないと白内障などの原因になることも。

そこで、今回は目の紫外線対策として便利なサングラスなどについて見ていきたいと思います。

サングラスの選び方

紫外線対策としてサングラスを選ぶ場合、サングラスなら何でもイイというわけではありません。

色がついてて、いわゆるサングラスだったらいいのでは?と思った方も多いかもしれないですね。

ですが、紫外線対策としてはそれでは不十分。

では、どういう基準でサングラスを選べばいいのでしょうか?

紫外線カット加工されているかどうかが重要

紫外線対策としてサングラスを選ぶ場合には、紫外線カット加工されているかどうかが重要です。

単に黒っぽい色がついていればいいということではないんですね。

加工の段階でちゃんと紫外線カットがされていなければ、残念ながら紫外線対策にはならないのです。

紫外線透過率

紫外線カットの加工がされているサングラスには、紫外線透過率という数値が表示されています。

たとえば、紫外線透過率1%以下ということなら、99%以上の紫外線をカットしてくれるという意味になります。

サングラスを選ぶ際には覚えておきたい数字ですね。

ちなみに、サングラスを購入するときはメガネ専門店で目やサングラスのことを分かっている店員さんがいるお店での購入がおすすめです。

雑貨屋三さんなどで売っているサングラスは単に色が濃いグラスがついているだけという場合も多いです。

紫外線カット加工がされていなくて、単に色がついているだけのサングラスは目にとっては実はマイナスの影響があるのです。

そのため、専門店での購入が良いということですね。

補足:紫外線カット率

紫外線透過率は数値が低い方が良いです。なぜなら、透過する数値は低い方が目には優しいということになるからです。

ですが、紫外線カット率はこの逆ですから注意が必要です。

紫外線カット率とは、文字通り紫外線をカットする割合のこと。ですから、透過率とは逆でどれくらいカットできるかが大切ということになります

つまり、紫外線カット率なら数値が高い方が良いということになりますね。

通勤時間などでもサングラスはすべきか?

紫外線から目を守るためにサングラスが必要なのは分かった。では、通勤途中でもサングラスはした方がいいのでしょうか?

このことに関しては、通勤ということではなく、どれくらい紫外線が強い時間にどれくらいの時間居続けるか?で考えると良いですね。

たとえば、家から通勤時に使用する駅が近くて、さらに乗る電車も地下鉄。

こういう場合なら、サングラスは為なくても良いかもしれません。

ですが、夏の暑い日に海へ遊びに行く。こういう場合はサングラスは必須ですね。

目の機能について

もともと目には紫外線から目を守ってくれる機能があります。

そのため、短時間紫外線を浴びるという程度では問題がないと考えて良いでしょう。

ですが、先ほども触れたように、夏に海へ出かけて海で遊ぶ。ということをしたいのならやはりサングラスは必須ですね。

要するに、長い時間紫外線の多い昼間などに外出をする時はサングラスをするのが良いということですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

紫外線透過率や紫外線カット率といった言葉も出てきて少々ややこしかったかもしれませんね。

ですが、これらは事実。

一生自分の目を使って我々は生きて行くわけです。だからこそ、普段からちょっとした対策をすることが良いということですね。

出かける前にサングラス、忘れないようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました