fbpx

今さら聞けないSPFとPAのはなし

未分類

日焼け止めについて「SPF」とか「PA」って見たり聞いたりしたことがあると思います。

ただ、どちらとも何のことかちょっとよく知らないという方も多いのではないでしょうか?

そこで、知っているようでよく知らないこの「SPF」と「PA」について簡単に分かりやすく解説したいと思います。

SPFって何?

SPFは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略のこと。

主にUVBと呼ばれる紫外線B波を防止する数値の目安のことです。

そして、SPFの数値が30、50と高くなるにつれてUVBに対しての効果が高くなるということになります。

間違いやすいのが、数値が高い=長時間持つということ。これは違います。

SPFの値が30の日焼け止めより50の日焼け止めのほうが長時間紫外線対策になると言うことではありません。

そうではなく、数値が高くなるほど防ぐ力が強くなるということですね。

なので、例えば外出時間が短い時はSPF30のものを。逆に長くなるような時はSPF50のものを使うようにする。

こんな感じで使い分けるのが良いということですね。

補足 紫外線B波(UVB)とは

外での日焼けの原因になるのがこのUVBと言われています。

また、UVBを多く浴びてしまうと炎症やシミ、そばかすの原因にもなるとされています。

PAって何?

続いてPAについてです。

PAとは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略のこと。

主にUVAと呼ばれる紫外線A波を予防するための目安の数値です。

ただ、数値といってもこちらはSPFと違って「+」の数で効果の高さを表します。

数値は全部で4段階。PA+からPA++++まであり、PA++++が最も効果が高いとされています。

補足 UVAとは

屋外に降り注ぐ紫外線の約9割がこのUVAとされています。

ガラスも透過すると言われていて、さらにしわやたるみを引き起こす要因になるとも言われています。

SPFとPAの使い分け方

SPFとPAについては分かったけど、実際に使い分けるにはどうすればいいのって思いませんか?

そこで、SPFとPAの簡単な使い分けの目安を紹介します。

SPF高めがおすすめの方

  • 日焼けすると赤くなってしまうタイプの方
  • マリンスポーツなど屋外にいる時間が長い方
  • 夏場外での仕事が多い方

など。

PA高めがおすすめの方

  • 家の中にいる時も紫外線対策をしたい方
  • くもりの日でも紫外線対策をしたい方
  • シミが気になる方

など。

気をつけて欲しいこと

SPFやPAの数値は、いわゆる防御力が高いということはお分かりいただけたかと思います。

ただ、気をつけて欲しいことがあります。

それは何かというと、SPFやPAの数値が高い日焼け止めほど紫外線吸収剤が含まれていることが多いということ。

紫外線吸収剤は肌への影響が大きいです。そのため、肌が弱い、敏感肌だという自覚がある方は気を付けましょう。

日焼け止めを選ぶ際に「紫外線吸収剤不使用」とか「ノンケミカル」と書かれたものを選ぶと良いですね。

いろんなタイプの日焼け止め

SPFとPAの値が高ければ良いというわけではない。このことはご理解いただけたかと思います。

また、数値が高い場合は肌への影響があるということも。

ここまで知識が増えたなら、あとは日焼け止めを選ぶだけですね。

例えば、クリームタイプのものやスプレータイプのものシートタイプのものなどがあります。

一般的なのはクリームタイプのものですし、メイクの上から使いたい場合はパウダータイプのものもあります。

また、乾燥肌の方であれば乳液タイプのものを。日焼け止め特有のべたつきがちょっと苦手という方にはジェルタイプのものもあります。

外出時にできるだけ持物を減らしたいと思うならシートタイプのものなどもあります。

いろいろあると迷うかもしれませんが、ご自身に合ったものを選んでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました