fbpx

ランナーのための紫外線情報

未分類

フルマラソンでいい記録を出したい!

そんな思いで日々練習している方は多いと思います。

夏にどれくらい練習したかで、涼しくなってからの記録が変わりますものね。

ただ、気になるのが夏の紫外線。

そこで、夏場の紫外線量はどれくらいなのか?について調べてみました。

夏の紫外線量ってどれくらい?

夏の紫外線量は他の季節よりかなり多いです。

グラフをご覧ください。

出典:気象庁ホームページ(https://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/link_uvindex_month54.html)
「日最大UVインデックス(解析値)の年間推移グラフ」(気象庁ホームページより)

グラフは2019年の年間紫外線量を表しています。

8月を見ると他の月に比べて数値が高いのが分かりますね。

1日のうちで紫外線量が多いのは?

では、1日のうちで紫外線量が多いのはいつでしょうか?

グラフをご覧ください。

出典:気象庁ホームページ(https://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/link_uvindex_obs.html)
「時別UVインデックス(観測値)の毎日の推移グラフ」(気象庁ホームページより)

2020年8月22日のグラフです11時~13時の間が特に紫外線量が多く、逆に少ないのは早朝と夕方以降ですね。

早朝か夕方以降なら紫外線量は少ない

先ほどのグラフを見ると、夏で紫外線が少ないのは、

  • 早朝:7時まで
  • 夕方:6時以降

ということが言えます。

別の日でも早朝、夕方は比較的紫外線量が少ないことがデータで示されています。

紫外線が少ない時間に練習をしたいなら、この時間帯が良いということですね。

紫外線は少ないけれどゼロではない

紫外線が少ないのが朝は7時まで、夕方は6時以降。走るならその時間帯を選べば良いかと思います。

ただ、紫外線が少ないというだけでゼロではありません。

夏の練習で紫外線が気になる方へ

夏も練習したい。でも、暑さだけではなく紫外線も気になる。そんな場合にはやはりランニングキャップ、サングラスなどが必要ですね。

日焼け止めを使う方も多いと思いますが、選ぶ際に知っておくと便利な目安があります。

SPFやPAの値が高ければ良いとは限らない

日焼け止め商品に書かれているSPFやPAという値。この値がSPF50とかPA++++のように高いと良いようなイメージがあるかと思います。

ですが、日焼け止めを選ぶ際にはこの値だけではなく、他にも選ぶ際の目安があります。

図をご覧ください。

出典:日本化粧品工業連合会ホームページ(https://www.jcia.org/user/public/uv/prevent)

図は生活シーンに合わせた紫外線防止用化粧品(日焼け止めクリームなど)の選び方です。

この図から分かることは、

  • 炎天下のレジャーならSPF・PAの値が高いもの
  • 散歩や買い物等ならSPF・PA値が低いもの

が合っているということが分かります。

つまり、いつでも値の高いものが良いというわけではなく、状況によっては値は高くないものでも合っているということですね。

※ただし、光線過敏症など紫外線に過敏な方は医師の指導に従ってください。

夏に走りこんで、目指せベスト記録!

夏の練習は暑くて大変だと思います。でも、この時期しっかり走りこめば、涼しくなってから記録UPが狙えますよ。

暑さや紫外線の対策をしっかりしてがんばってください!

タイトルとURLをコピーしました