fbpx

ランニング時の紫外線対策

未分類

夏場は暑いとは言え、やはり秋以降のマラソンシーズンに備えてしっかりと練習をしたいところ。

特に、距離をこなして体力をつけておけば、涼しくなってから一気に記録更新も狙えますよね。

そのためには練習量が必要になります。

ただ、練習時間が長くなればなるほど当然紫外線の影響も大きくなってしまいます。

そこで今回は、ランニングにおける紫外線対策としてできることをいろいろとあげてみたいと思います。

日焼け止め

昼間の炎天下で練習をする方は少ないと思います。

そして、早朝や夕方以降に練習する方が多いのではないでしょうか。

ただ、早朝、夕方だからといって紫外線がゼロというわけではありません。少ないだけで紫外線の影響はあります。

ですから、日焼けが気になるのであればまずは顔や腕など露出する部分には日焼け止めを塗っておくのが良いですね。

ちなみに、練習時間が長くなるときは少し面倒に感じるかもしれませんが塗り直すことも良いですね。

汗で流れてしまったり、手やタオルで顔の汗をぬぐったりすると取れてしまいますからね。

帽子

日焼け止めクリームを塗っただけでは十分な紫外線対策とは言えません。

帽子もあるとイイですね。

まず、帽子をかぶることで直射日光を避けることができます。これは紫外線対策だけではなく、熱中症対策にもなりますよね。

そしてさらに、帽子をかぶることで目に対しての紫外線対策にもなります。

帽子が苦手という方もいるかもしれませんが、一度かぶって練習をしてみてください。思った以上に暑さ対策になることに気付かれると思います。そして、当然紫外線対策にもなりますよ。

サングラス

日焼け止め、帽子の次はサングラスです。

サングラスは肌というよりも目の紫外線対策になります。紫外線は目に影響があります。

どういう影響かというと、白内障や翼状片といった目の病気の原因になることがあるのです。

そのため、日差しが強い時はサングラスをかけることをおすすめします。もちろん、早朝や夕方で日が昇る前や日が沈んでからは必要ないかとは思います。

ですが、日差しがある時はサングラスは良いですね。

ただし、買う時に気をつけて欲しいことがあります。それは、単なるサングラスではなく、紫外線カットのレンズが使われているサングラスにしてくださいということ。

具体的には紫外線透過率という数値が低いものが良いですね。数値が低い程紫外線をカットしてくれるということになります。

サングラスはちょっと抵抗あるなという方もいらっしゃるかもしれません。

そういう場合は、紫外線カットのレンズを使ったメガネでも良いでしょう。

ラッシュガード

日差しが強い時間帯に練習をする時は暑く感じるかもしれませんが、ラッシュガードもおすすめです。

ジリジリとした日差しがある時は、長袖のほうが逆に暑くないことが多いです。

もちろん、早朝、夕方以降でも紫外線がまだある時間帯に練習をする時は良いですね。

ラッシュガードはべたつきにくいので、思った以上に気にならないかと思います。

話が少しそれますが、炎天下でも外で現場の仕事をされている方はほとんど長袖ですよね。長袖じゃないと日焼けによるサンバーンを起こしてしまうからです。

屋外にいる時間が長ければ長いほどサンバーンのリスクがあります。

ランナーの方も、一度長袖のラッシュガードを着て練習をしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

夏場に練習をする時は、ちょっと面倒に思うかもしれませんがこういった紫外線対策をするのが良いですね。

日焼けということだけではなく、目の影響や、単に肌が黒くなることだけではなくサンバーンのような状態に対しての対策にもなりますからね。

夏場しっかり練習するためにも、紫外線対策も頑張ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました