fbpx

雨の日の紫外線量は?

未分類

雨の日なら紫外線が少なそうだから外出しても大丈夫。

そう思っていませんか?

確かに雨の日の紫外線量は少ないです。ですが、ゼロではありません。

では、実際にはどれくらいの紫外線量なのか?また、雨の日でも日焼け止めは必要か?などについてみていきましょう。

雨の日の紫外線量は?

雨の日の紫外線量は、快晴の日を100とするとその約30%前後は降り注いでいると言われています。

雨だと何となく紫外線もゼロのようなイメージがありますよね。

ですが、実際には快晴の日よりは確かに少ないですが30%程度は紫外線を浴びてしまっているということも言えますね。

曇りの日の紫外線量は?

雨の日でも快晴の日の約30%程度紫外線が降り注いでいるなら、曇りの日はもっと多いのでは?

そう思った方もいるかもしれません。

そうなんです。曇りの日は雨の日より紫外線が多く快晴の日と比べて約50%程度は降り注いでいるとされています。

結構多いですよね。

さらに、もう少し細かく曇りの日を分けた場合はどうなるか?

薄曇りなら快晴の日の約8割程度の紫外線量とされています。これも結構多いですよね。驚きです。

雨の日も曇りの日も日焼け止めは必要?

先ほどみてきたように、雨の日でも曇りの日でも外に出れば紫外線を浴びてしまうことは間違いありません。

では、雨の日、曇りの日でも日焼け止めは必要かというと基本的には必要。

快晴と比べると確かに紫外線量は少なめ。ですが、塵も積もれば山となるではないですが、紫外線も浴び続けてしまうと将来的にはシミの原因になってしまうことも。

ですから、雨の日でも曇りの日でもできれば日焼け止めを塗っておくのが良いということですね。

季節による紫外線量の違いは?

ここまで、雨の日や曇りの日といった1日単位で紫外線量を見てきました。

では、もう少し期間を長く取って季節による紫外線量の違いを見てみましょう。

冬場は夏に比べると紫外線量は少ないです。ですが、それでも夏のピーク時と比べて約1/3程度は降り注いでいるとされています。

もう少し少ないと思っていましたがいかがですか?意外と多いですよね。

ですから、実は冬でも日焼け止めは可能なら塗るのが良いということになりますね。

ちなみに、夏の海、冬のスキー場などは上から太陽の光、そして下は海水面や雪の反射によって紫外線を受けてしまいます。

夏は日焼け、冬は雪焼けという言葉があるように、季節によって紫外線量が少ない場合でも紫外線を浴びてしまっていることには変わりありません。

ですから、肌の影響を考えると本当なら一年中日焼け止めは必要とも言えますね。

雨の日はどんな日焼け止めがいいの?

雨の日は快晴に比べると紫外線量は少ないです。ですが、紫外線が存在することは事実ですね。

こういう時、日焼け止めってどんなのがイイかな?と思いますよね。この場合は、SPF50の日焼け止めは不要です。SPF30程度で十分でしょう。

面倒だなって思うかもしれませんが、将来を考えると雨の日でも日焼け止めをサッと塗ってから外出するのが良さそうですね。

また、雨の日は当然湿気が多いです。ですから、ドラッグストアでよく見るリキッドタイプの日焼け止めでももちろん良いのですが、べたつきが気になるならパウダータイプのものなどもありますのでお好みのものを選んでみてください。

特にメイクを直す時のことも考えて選ぶと良いですね。

最後に

雨の日でも紫外線量が意外とあるということに驚いた方もいるかもしれません。

ただ、分かった以上は5年後、10年後のことを考えて快晴はもちろん、薄曇り、曇り、そして雨の日もちょっと手間かもしれませんが紫外線対策をするのが良いですね。

リキッドタイプのものだけではなく、スティックタイプ、シート状の日焼け止めもあります。バッグの邪魔にならない程度のものをいつも持っておくと良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました