fbpx

日焼けをした時の応急処置

未分類

たとえば、ランニング中に肌がヒリヒリするように感じてきたという場合、そのままランニングを続けてしまうと後が大変なことになるかもしれません。

赤くなってやけどのような状態(サンバーン)になり、痛みを感じることも。

このように、ヒリヒリしたり痛みを感じたらどうすれば良いのでしょうか?自分でできる応急処置を含めて紹介します。

屋内へ

ランニング中にヒリヒリとした痛みを感じるようならその日は練習を中止して屋内で過ごすように為ましょう。

当然ですが、練習を続ければもっと日焼けをします。その結果、軽いやけどのような状態になることもあります。

ですから、まずはすぐに紫外線を避けましょう。

冷やす

ヒリヒリ痛む部分は一時的にでも良いので冷やしましょう。流水を直接当ててもいいですし、冷たい水で濡らしたタオルを患部に当てても良いでしょう。

氷をビニール袋などに入れたものを当てても良いですが、冷たすぎるように感じるならば流水やタオルが良いですね。

それと、ヒリヒリ痛む場合は冷却シートはおすすめしません。

なぜなら、貼る時は良くてもはがすときに痛みを感じるかもしれないからです。

また、これも当然ですが水ぶくれができているような場合は、絶対に冷却シートを貼るということは止めた方がいいですね。

ちなみに、もし水ぶくれができてしまった場合はつぶさないようにしましょう。つぶしたくなる気持ち分からなくもないですが止めましょう。

つぶすのではなく、ガーゼでカバーするなどの方法が良いですね。

あまりにも酷い水ぶくれの場合は、皮膚科の先生に診てもらうのが良いですね。

スキンケアには要注意

日焼けをしてヒリヒリ痛むような部分に対しては、スキンケアをする際も気を付けましょう。

なぜなら、クリーム等を塗ることでさらに痛みが増すことがあるからです。ヒリヒリ痛むということは、簡単に言えば皮膚がケガをしている状態。

そこに対してクリームを塗ると、さらに痛みが増す場合があるということですね。

ヒリヒリとした痛みが強い場合には、敏感肌用のスキンケア用品を使うと良いですね。

保湿と水分補給

日焼けをした場合、保湿と水分補給も忘れずに。

保湿の際には敏感肌用のスキンケア用品がおすすめ。そして、日焼けをするくらい暑い日に外にいたということは体の中の水分も当然汗とともに失っています。

ですから、しっかりと水分をとることも忘れないようにしましょうね。

肌は大切ですが、熱中症にも気を付けてくださいね。

ゆったり目の服装を

ヒリヒリと痛みを感じる場合は、ややゆったり目の服装がイイですね。

ピッタリした洋服だとさらに痛みを感じるかもしれません。また、水ぶくれができてしまった部分も気を付けなければいけません。

ですからちょっとゆったりめの服装がいいですね。

まとめ

日焼けといっても、程度がひどくなるとヒリヒリと痛むことがあります。さらに水ぶくれができるとこれはも日焼けというよりやけど。

そこまでなってしまったらちゃんと皮膚科を受診しましょう。

そして、その後はしっかりとスキンケア。放っておくとヒリヒリとした痛みや水ぶくれが治ったとしても、後々もっと酷くなることも。

できる限りそこまでの状態にならないよう紫外線対策をしたり、紫外線量が多い時間や季節は屋内にいるようにするのが良いです。

しかし、夏はやっぱり外へも行きたいですよね。

だからこそ、外出前にはしっかりと紫外線対策として、日焼け止めクリーム、アームカバーもしくはラッシュガード、帽子、サングラスなどすぐにできる対策をした上で外出するのが良いですね。

ランナーの方であれば、練習前にこういった日焼け対策をしてから走り始めるのが良いですね。

紫外線対策をしつつ、楽しい時間を過ごせるようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました