fbpx

紫外線対策6つのアイデア

未分類

紫外線対策をして日焼けから肌を守りたい。

そう思っていてもつい面倒になってしまうのが紫外線対策ではないでしょうか。

そこで今回は、できるだけ紫外線対策を続けやすくするためのアイデアを紹介します。

1 塗るのが面倒なら

日焼け止めクリームをいちいち塗るのが面倒。塗った後は手も少しべたつく。

だからつい面倒になって分かっていても日焼け止めクリームを塗らずに外出してしまう。

そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そういう方には、スプレータイプの日焼け止めがあります。これならシュッと一吹きするだけです。

さらに、コンパクトな大きさなのでバッグに入れていても邪魔になりません。

2 紫外線カットのメガネ

紫外線が目にも影響があることは知っているけど、サングラスをかけるのはやっぱりちょっと抵抗があるな。

そう思う方もいるのではないでしょうか。ご安心ください。

サングラスじゃなくても、実は紫外線カット(UVカット)加工されたレンズの入っているメガネがあります。

これならサングラスに抵抗がある方でも大丈夫。また、デザイン的にも洋服に合わせやすいですし、紫外線対策をしつつおしゃれも楽しめますね。

3 折りたたみ式の日傘

日傘なら大きく自分をカバーしてくれるのでいいんだけど、持ち歩くのがどうも面倒で嫌だ。

そんな方には、ご存じかとは思いますがちゃんと折りたたみ式の日傘があります。これなら通常の傘よりはかなりコンパクト。

少し大きめのバッグなら持ち運びもできますし、外出時は曇っていても念のため持って行くと言うこともできますよね。

折りたたみ式の傘もいろいろとデザイン的におしゃれなものがありますからこちらも楽しんで選んでみてください。

4 折りたためる帽子

傘よりは小さいけれど、紫外線対策のアイテムとして使えるのが帽子。

でも、いつも帽子をかぶるのはちょっと面倒。かぶらない時に持ち歩くのは手がふさがってしまって少々邪魔。

こんな場合は折りたためる帽子があります。便利ですよね。

折りたたみの傘よりはさらにコンパクトになるのでバッグに入れても邪魔になりません。

必要な時にサッと取り出し、屋内に入ったらまたバッグに戻す。こうしておけば邪魔にならないですよね。

ご自身に合った帽子を選んでみてくださいね。

5 アームカバー

車を運転する方なら必須のアイテムがアームカバーです。

長袖を着るのは暑い。でも車に乗ると窓側の腕だけが日焼けをしてしまうのがどうも嫌。

そんな場合はアームカバーがあります。

車の中にも紫外線は入ってきます。そのため、気付いたら手だけ日焼けしてしまったということもありますよね。

そんな日焼け対策にはアームカバーおすすめですよ。

6 紫外線対策用のガラスに変える

紫外線は家の中にもガラスを通過して入ってきます。

屋外よりはもちろん紫外線の量としては少ないです。しかし、一定量は行ってくるというのもまた事実です。

そんな場合、少し予算が必要になりますが紫外線対策されたガラスに変えるという方法があります。

これなら最初に予算と取り替えにかかる時間が必要なだけ。楽ですね。

家の中でも紫外線対策をすることでより安心できますよね。

まとめ

紫外線対策の方法は他にもいろいろありますが、今回は比較的簡単に取り組めるものを紹介しました。

一度用意してしまえば、その後はしばらく使える対策ばかりだったと思います。

最初はちょっと面倒に思っても、面倒なのは最初だけ。その後はその対策を続ければいいだけなのですから。

事前に用意しておいて、後は習慣にしてしまう。そうすることで紫外線対策も自然にできるようになりますよ。

肌や目のためにも今日から紫外線対策を初めてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました