fbpx

家の中の紫外線はどうなのか?

未分類

日焼けと言えば紫外線。そして、紫外線と言えば夏の炎天下。

こんなイメージがあるかもしれません。

では、家の中にずっといれば紫外線を浴びずにすむのでしょうか?実際のところどうなのか見ていきましょう。

家の中の紫外線は?

家の中にいれば紫外線を浴びずにすむようなイメージがありますよね。

ですが、残念ながらそうではないのです。家の中でも紫外線を浴びてしまうのです。

えっ?どういうことって思ったかもしれませんね。ここからもう少し詳しく続けていきますね。

紫外線はここから入ってくる

家の中にいても紫外線をあびてしまうわけですが、ここでちょっと不思議に思いませんか?

それは、そもそも一体どこから紫外線が入ってくるのかということ。

実は、紫外線は窓ガラスを通して光とともに入ってくるのです。

窓をしめていればよさそうに思えます。ですが、実際には窓ガラスを通過して紫外線は室内にも入ってくるのです。

ただ、直射日光を浴びるほどではなく、約70%ほどが入ってくるとされています。

さらに、室内に入ってきた紫外線も床や家具などに吸収されてしまいます。ただ、そのうちの一部が室内の空間に反射して入ってくるということになります。

この時部屋にいれば紫外線を少量とは言え浴びてしまうわけですね。

家の中に入ってくるのはUVA

紫外線にはUVA、UVB、UVCといった種類があります。

このうち、家の中に入ってくるのはUVAと呼ばれる紫外線です。UVAは紫外線としては弱いエネルギーしかありません。ですが、このUVAは肌の奥まで入り込んでしまうちょっとやっかいものなのです。

地上に降り注ぐ紫外線のほとんどがこのUVAと言われています。実際には当然と言えば当然ですが、UVAを浴びてしまっているという感覚はないでしょう。

ですが、このUVAは先ほどもお伝えしたように、皮膚の奥まではいってくるのです。そしてなんとコラーゲンを破壊してしまうことも。

ここまで聞くと放っておくわけにはいきませんよね。だらかこそ、家の中でも紫外線対策をするのが良いということなのです。

家の中からできる紫外線対策

窓ガラスを透過する紫外線。それなら対策としては何をすればいいのでしょうか。

すぐにできる簡単な方法は、遮光カーテンやブラインドがありますね。しっかりと室内での紫外線対策をしたいのなら、ガラスに紫外線をカットしてくれるフィルムを貼ったり、窓ガラスそのものを紫外線対策用のものにするという方法もあります。

ただ、当然ですが費用がかかってしまうのでそこはご注意を。

家の中でも日焼け止め

遮光カーテンやブラインド、窓に対して直接紫外線対策。こういったことももちろんいいことです。

ですが、最も対策をすべきなのはやはり肌そのもの。つまり、家の中でも日焼け止めを塗るのが良いということになります。

ただ、ここで気をつけて欲しいのがSPFとPAについて。

家の中に窓ガラスを透過して入ってくる紫外線はUVAということは先ほどお伝えしました。そして、このUVAに対して意識すると良い日焼け止めの値はPAの値。

PA値を意識した日焼け止めを選ぶと良いということですね。PA値には「+」~「++++」の4段階まであります。

そとにいるわけではないので、それほどPA値が高いものでなくても良いでしょう。そして、家の中にいるのに日焼け止めなんて面倒って思う方もいると思います。

そういう場合は、サラッとスキンケア感覚で塗っておくと良いですね。

まとめ

家の中でも意外と紫外線の影響があるということはお分かりいただけたでしょうか?

ちょっと面倒に思うかもしれませんが、紫外線対策としてできることはいろいろあります。窓に関しては、費用がかかってしまいますが一度紫外線対策用のフィルムを貼ったりガラスそのものを変えてしまえば面倒なのは最初だけです。

費用が気になる方でも、遮光カーテン、ブラインドを上手に利用すればコストを抑えることもできますよね。

状況に合わせて上手に家の中での紫外線対策もしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました