fbpx

肌だけじゃない目にも影響のある紫外線

未分類

紫外線というと日焼け、つまり肌が気になりますよね。

ただ、実は肌以外にも気にして欲しい部分があります。

それは、目です。

外で紫外線を浴びている限り、肌だけではなく当然目にも紫外線の影響はあります。

では、どういう影響があり、どんな紫外線対策をすればいいのかについて解説をしていきたいと思います。

長時間紫外線を浴びると

夏場海などの屋外で長時間いてマリンスポーツなどを楽しむ。

これはこれで、もちろん楽しいと思います。

ただ、長時間紫外線を浴びてしまうと目にも影響がでてきます。たとえば、目の角膜と呼ばれる部分に紫外線が当たると炎症を起こし、目の痛みや充血の原因になるとされています。

こういった症状のことを電気性眼炎(雪目)といいます。

海やスキー場のような上から太陽の光が降り注ぎ、下からはその照り返しがあるような場所に長時間いるとこういった症状が出ることがあります。

夏に海に行った後、または冬でもスキーに行った後に目が痛い、充血している、ゴロゴロする感覚があるなどの状態なら早めに眼科を受診しましょう。

紫外線から目をできる限り守るには?

紫外線から目を守るために一番簡単にできること。

それは、サングラスです。コンタクトレンズでもOK。

紫外線対策としてサングラスを選ぶ際には、紫外線カットのサングラスが良いでしょう。

サングラスを買うときに「紫外線透過率」をチェックしてみてください。「紫外線透過率~%」という表示があるはずです。

たとえば、この数値が1%なら99%の紫外線をカットしてくれるということになります。

紫外線透過率以外に大事なことは?

サングラスを選ぶ際に紫外線透過率を基準に選ぶと良いということをお伝えしました。

ただ、もし可能なら他にもサングラスを選ぶ際に気をつけて欲しいことがあります。それは、レンズの大きさです。

単純なことですが、レンズが小さいものよりもレンズが大きいものの法が目を広くカバーしてくれますよね。

そのため、当然といえば当然ですが目も守られます。ですから、デザイン的なこともあるとは思いますが、大きめのレンズで目をできるだけ広い範囲で守ってくれるようなサングラスが良いということになりますね。

サングラスの弱点

夏場の紫外線が強い日に海に行きたい。

そんな時はサングラス必須ということはお分かりいただけたかと思います。そして、大きめのレンズでできるだけ目を広い範囲で守ってくれるレンズであればさらに良いです。

そして、紫外線透過率にも注意してサングラスを選べばもう大丈夫って思いますよね。

ですが、サングラスにも弱点があります。それは、側面からの紫外線には弱いということ。

正面からの光には当然強いですが、側面はガードががら空き状態です。

そのため、サングラスをかけない状態に比べれば当然目は守られています。ですが、十分かと言えば十分とはちょっと言い切れません。

そのため、側面もカバーしてくれるような形状のサングラスならさらに目がしっかり守られるということになりますね。

念には念を入れたいという方は、側面からの紫外線対策が可能なサングラスを選ぶようにしてみてくださいね。

サングラスだけじゃ心配な方へ

サングラスは正面には強いけど側面からの紫外線には弱い。

そんな弱点を聞くとちょっと心配。そんな風に思うなら、さらに目を守る方法があります。

それは、帽子をかぶるということ。

帽子をかぶることで目に太陽の光が当たるのを減らしてくれますよね。なので、心配だなと思う方は帽子とサングラスで紫外線対策をしてみてください。

これでしっかりと目を守ることができるはずです。

夏の海、冬のスキー。どちらも楽しいですよね。

ですからつい長い時間遊んでしまいがち。そして結果として目を知らず知らずのうちに傷つけてしまっていることに。

ですから、サングラスや帽子による対策はもちろん良いことですが、長時間炎天下などにいることをちょっと控えることも忘れないようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました