fbpx

夏も練習をしたいランナーのための紫外線情報

フルマラソンでいい記録を出したい!

そんな思いで日々練習している方は多いと思います。

夏にどれくらい練習したかで、涼しくなってからの記録が変わりますものね。

ただ、気になるのが夏の紫外線。

そこで、夏場の紫外線量はどれくらいなのか?について調べてみました。

夏の紫外線量ってどれくらい?

夏の紫外線量は他の季節よりかなり多いです。

グラフをご覧ください。

出典:気象庁ホームページ(https://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/link_uvindex_month54.html)
「日最大UVインデックス(解析値)の年間推移グラフ」(気象庁ホームページより)

グラフは2019年の年間紫外線量を表しています。

8月を見ると他の月に比べて数値が高いのが分かりますね。

1日のうちで紫外線量が多いのは?

では、1日のうちで紫外線量が多いのはいつでしょうか?

グラフをご覧ください。

出典:気象庁ホームページ(https://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/link_uvindex_obs.html)
「時別UVインデックス(観測値)の毎日の推移グラフ」(気象庁ホームページより)

2020年8月22日のグラフです11時~13時の間が特に紫外線量が多く、逆に少ないのは早朝と夕方以降ですね。

早朝か夕方以降なら紫外線量は少ない

先ほどのグラフを見ると、夏で紫外線が少ないのは、

  • 早朝:7時まで
  • 夕方:6時以降

ということが言えます。

別の日でも早朝、夕方は比較的紫外線量が少ないことがデータで示されています。

紫外線が少ない時間に練習をしたいなら、この時間帯が良いということですね。

紫外線は少ないけれどゼロではない

紫外線が少ないのが朝は7時まで、夕方は6時以降。走るならその時間帯を選べば良いかと思います。

ただ、紫外線が少ないというだけでゼロではありません。

夏の練習で紫外線が気になる方へ

夏も練習したい。でも、暑さだけではなく紫外線も気になる。そんな場合にはやはりランニングキャップ、サングラスなどが必要ですね。

そしてやっぱり欠かせないのが日焼け止め。ただ種類が多いですよね。

光を選ぶ日焼け止めって何?

そんな中でもちょっと珍しい日焼け止めがあります。光を選ぶ日焼け止めのことをご存じでしょうか?

太陽光には

  • 紫外線:肌に悪い影響
  • 近赤外線:肌に悪い影響
  • 赤色光:肌に良い影響

があります。

このうち、赤色光は肌にとって良い影響があるとされています。

ただ、日焼け止めを塗ってしまうと、せっかく良い影響がある赤色光もカットしてしまいます。

そこで、便利なのが光を選ぶ日焼け止めです。

紫外線と近赤外線をカットして赤色光を吸収

肌に悪い影響のある紫外線と近赤外線をカットし、良い影響のある赤色光を吸収させる。

そのようにして光を選ぶことができる日焼け止めクリームがPOLAのB.A ライトセレクターです。

早朝または夕方の紫外線が少ない時間に練習。ただし、肌に良い影響がある赤色光は吸収。

日焼け止めとしてだけではなく、日中用のクリームとしても使えます。

これで夏も乗り切れますね!

夏に走りこんで、目指せベスト記録!

夏の練習は暑くて大変だと思います。でも、この時期しっかり走りこめば、涼しくなってから記録UPが狙えますよ。

暑さや紫外線の対策をしっかりしてがんばってください!

 

プライバシーポリシー 免責事項 運営者情報

タイトルとURLをコピーしました